日本海観光バス株式会社


COMPANY

平成29年12月
日本海観光バス株式会社は、
公益社団法人日本バス協会指定の貸切バス事業者安全性評価認定制度の
三ツ星認定を受けました。

PHILOSOPHY

企業理念

 
弊社は安全運転に徹し、事故皆無を第一の目標とし、細やかな気配りとサービス心を忘れることなく、地域社会から愛される会社となるよう全力で努めています

  • 01

    安全確保最優先

    安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
  • 02

    規定の遵守

    輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ愚直に職務を遂行する。
  • 03

    安全管理体制

    安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。
  • 04

    安全の情報

    輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

SAFETY MANAGEMENT

安全マネジメント

弊社は輸送の安全の確保の為、全社員が一丸となって運輸安全にマネジメントに取り組んでおります。
 

【安全対策】

 
ドライブレコーダーのカメラ増設
 
平成30年度年間教育計画
 
免許証ICチップ対応の高性能アルコールチェッカーを導入し、点呼をより確実なものにしています。
また、乗務員の日々の体調管理の為、血圧計、体温計等も点呼場に常備し、より一層の安全運行に努めています。
 

 

【H30年度内部監査結果】

 
問題なし。
緊急救助訓練、バスジャック訓練を重点的に行う。
 

【安全統括管理者】

 
常務取締役 保田一夫
 

【輸送の安全に関する基本的な方針】

 

  1. 社長は、輸送の安全の確保が、事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全の確保に最善の努力を尽くすため、すべての社員に意識を徹底させる主導的な役割を果たします
  2. 輸送の安全に関する法令を遵守の、安全管理体制の構築と維持に努めます。
  3. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  4. 輸送の安全に関する情報を公表いたします。

 
安全管理規定
 
輸送の安全に関する報告
 
重大死傷事故発生時報告及び連絡図
 
異常気象時報告及び処置連絡図

COMPANY

会社概要
◆社名:

日本海観光バス株式会社

◆代表者:

代表取締役社長:出山尚一

◆業務内容

一般貸切旅客自動車運送事業、一般乗合旅客自動車運送事業

◆所在地

石川県加賀市小菅波町1丁目143番地

電話:0761-73-2525 FAX:0761-72-3232

◆設立:

昭和50年1月27日

◆資本金:

40,000千円

◆事業年度:

12月~11月

◆取引銀行

北陸銀行、北國銀行、日本政策金融公庫

◆従業員数:

43名

HISTORY

会社沿革
昭和49年12月28日

事業免許取得により、小型5両にて事業開始

昭和58年6月

金沢営業所開設 小型3両配置

平成4年6月22日

大型免許取得 同年9月大型2両導入

平成11年3月

金沢営業所廃止

平成12年9月

加賀周遊バス「キャンバス」委託運行開始

平成19年4月13日

一般乗合旅客自動車運送事業許可(「キャンバス」乗合事業に)

平成20年1月

内灘町コミュニティバス「ナディ」運行開始

平成29年8月

高速乗合バス「ブルーライナー」金沢-大阪 運行開始

平成29年11月

高速乗合バス「ブルーライナー 加賀四湯号」運行開始

 
関連

昭和48年10月26日

株式会社日観交通社設立

平成9年3月

加賀市作見町 平和堂アビオ店開設

平成19年3月

平和堂アビオ店撤退、日本海観光バス株式会社内に移転